ビフィズス菌で効果が得られない人にも、期待大の腸内改善サプリメントビオマイン

お腹の調子を整えるプロバイオティクスとして有名なのは、ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌や乳酸菌でしょう。

 

カルピス社では、乳酸菌でもビフィズス菌でもない新しいプロバイオティクスである枯草菌を配合したサプリメントを発売しています。

 

枯草菌の一種であるC-3102 株を配合しているビオマインは、カルピス社の研究で独自に発見された菌であり、腸内環境を改善する効果が非常に高いと言われています。

 

腸を整えてくれる枯草菌の効果とは

 

枯草菌はグラム陽性菌であり、芽胞を形成することができる真菌になります。酸素があっても繁殖することができるので、口から飲んでも胃や小腸で消化されることなく、生きたままの状態で大腸まで行くことができます。

 

大腸に届いてやっと効果を発揮することができるのです。99%が生きた状態で腸に届きますので、摂取したほとんどの菌が腸内で働くことができるでしょう

 

枯草菌は納豆菌と同じ種類に分類され、体によく、副作用も少ないと言われています。しかし血液凝固阻止薬などの薬剤を服用している場合には摂取することができませんので、注意が必要です。

 

私達人間の体内にある善玉菌は人によってそれぞれ異なると言われています。プロバイオティクスである乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても自分の体内にある善玉菌と合わなければ、体の外に排出されてしまう可能性が高いと言われています。

 

しかし枯草菌の場合は、体質に合わないということがなく、自分の体内にある善玉菌をサポートする働きがあるので、腸内環境をよりよくしてくれるでしょう。

 

ビオマイン1粒に含まれる枯草菌

 

ビオマイン1粒には枯草菌C-3102株が8億個含まれていますので、1日3粒の摂取だと21億個のC-3102 株が腸内環境を整えてくれるでしょう。

 

今までヨーグルトなどを食べたり、乳酸菌やビフィズス菌を摂取したりしてもイマイチ効果が得られなかった人は、ぜひビオマインを試してみましょう。