カルピス社の大人気サプリメント商品であるビオマインとアレルケアとの違いは?!

酸菌などのプロバイオティクスを使用した商品を数多く販売しているカルピス社で人気のサプリメントといえば、アレルケアとビオマインです。

 

どちらもお腹の調子を整えてくれる効果があるので、頑固な便秘で苦しんでいる人や、お腹の調子が悪い人におすすめのサプリメントになります。

 

特にビオマインは新プリバイオティクスと言われているC-3102株を8億個も凝縮して配合しており、注目されているサプリメントになります。従来から販売されているアレルケアとの違いを比較してみましょう。

 

アレルケアについて詳しく

 

まずアレルケアは累計販売数300万個を突破した大人気商品になります。利用者数は40万人以上とも言われていますので知っている人も多いのではないでしょうか?アレルケアにはカルピス社の独自の研究で選び抜かれたL-92乳酸菌を配合しています。

 

数ある乳酸菌の中でも選び抜かれたものであり、健康つくりをサポートしてくれるでしょう。L-92乳酸菌は、一般的な乳製品から摂取することができないと言われています。

 

またアレルケアには牛乳や卵などアレルギー物質を27品目含まないアレルゲンフリーの製品になりますので、アレルギー体質の人でも安心して飲むことができるでしょう。1日2粒でOKですし、1ヶ月あたりのコストは2100円と安いのも魅力の一つでしょう。

 

ビオマインについて詳しく

 

一方ビオマインは、アレルケアとは違い噛み砕いて食べることはできませんので、水などで飲む必要があります。

 

1日3粒で1ヶ月あたりのコストは3570円とアレルケアに比べると高くなっていますが、効果は抜群です。乳酸菌は相性がよい人と悪い人がおり、効果を実感できない場合は、体内に吸収してもすぐに排出されている可能性があります。

 

しかしビオマインの場合は、乳酸菌とは異なる新しいプロバイオティクスでどんな人とも相性がよく、生きた状態で大腸まで届けることが可能なので、腸内環境をよくしてくれるでしょう。