便秘や下痢を改善して副作用も少ない新プロバイオティクス配合サプリメントのビオマイン

便秘や下痢などお腹の調子が思わしくない人は、腸内環境が悪いためにそのような症状が起こると言われています。

 

腸内環境で善玉菌が減り、悪玉菌が増えた状態だと、きちんと便を排出できなくなり、便秘になったり、逆にお腹がゆるくなって下痢になったりしてしまいます。

 

また下痢や便秘を繰り返してしまう人もいるでしょう。便秘や下痢を改善するためには、腸内環境をリセットして改善する必要があります。

 

そのためには乳酸菌などのプロバイオティクスを取り入れるのがよいと言われていますが、ただ腸に入れるだけではだめで、腸内にある善玉菌をふやさせる働きを持つサプリメントが望ましいと言われています。

 

便秘・下痢を改善してくれるビオマイン

 

腸内環境改善するのにおすすめなのがカルピス社で発売しているビオマインです。ビオマインは画期的な新プロバイオティクスである枯草菌の一種であるC-3102 株を1粒に8億個も配合しています。

 

C-3102 株は、大腸まで生きた状態で届くので、腸内で減ってしまった善玉菌を増やすことができます。またアレルギー物質のうち、大豆、ゼラチン以外の成分を含んでいないので、アレルギー反応も起こりにくいと言われています。

 

C-3102 株は、味噌や醤油、納豆などに含まれる菌と同じ種類になりますので、たくさん取りこんでも副作用はありませんし、継続して飲んでも問題はありません。

 

ビオマインを飲んだら副作用のようなものはある?

 

サプリメントを飲む時に気になるのは、副作用があるかどうかということでしょう。

 

しかしカルピス社のビオマインはプロバイオティクスを配合したサプリメントで化学物質は含まれていませんので、副作用の心配をすることなく、安心して飲むことができるでしょう。

 

また飲みすぎたからと言って、下痢になるということもありませんし、毎日のお通じがスムーズにいくでしょう